サンシャインファームの風
 うれしい、たのしい、しあわせ・・・ついてる日々に愛がとう♪

Category..|最新の記事浜松 さにーファームサンシャインファームおぐらやまハッピーライフ日記WWOOF体験記南インド旅行 South India 2006トラベルイベント・ワークショップ石垣島 info山登りの記録とりよせしよう!浜松 spice cafe Bija浜松生活自然保育・まめっちょ木の花ファミリー安曇野ライフ安曇野地球宿穂高養生園Shalom Hutte 2006Shalom Hutte 2008Shalom Hutte 2009パンの日々Shalom Hutte 2010Shalom ピザ焼き体験タイの旅 Thailand 2010ワンデイカフェ「アズーロ」
RSS + ADMIN + HELP
 ◆ スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 雑穀の母
2008/06/01(日)
DSC01573_サイズ変更

水窪町の雑穀料理屋さん「つぶ食・いしもと」さんへ行ってみました。
うわさでは聞いていたものの、たくさんのごちそうで大満足!
1時間半かけて行く価値はありましたよ。


DSC01571_サイズ変更

どどーんと大皿に山菜のてんぷら&雑穀のあげもの
手前から左周りでいくと・・・おやまぼくち、くずの芽、うこぎ、あわのれんこんはさみ揚げ、ゆきのした、たらの芽、うるちあわのじゃがいもコロッケ、いわたばこ、うど、ひえの白身魚風。真ん中はたかきびのハンバーグと春巻き。
DSC01574_サイズ変更

こちらは手前からひえのケーキ、左はさしみこんにゃく、右はゆべしときゃらぶき。

DSC01575_サイズ変更

最後のおたのしみはもちきびの入ったおはぎ♪
ここまでくるとホントにおなかがはちきれそう・・・うっ。
でも完食!

DSC01580_サイズ変更

とても懐かしい感じのひろいお座敷。
秋になるといろりでの料理も楽しめるそうな・・・
でも秋まではいないよねぇ(涙)

DSC01581_サイズ変更

部屋に飾ってあった色紙、とてもすてきな詩が書いてあった。
「風は見えない だけど木に吹けば緑の風になり 花に吹けば花の風になる
今、私を過ぎていった風はどんな風になったのだろう 星野富弘」
あぁ、風になりたい。

DSC01587_サイズ変更

近くの畑にはひえが育ってました。
わたしもいつか雑穀を栽培してみたいな。

DSC01583_サイズ変更

いしもとのおっかさん↑
ホントにおいしかったし、おっかさんとのおしゃべり楽しかった。
ありがとうございました。
浜松出る前にもう一度食べに行きまーす!

農家レストラン つぶ食 いしもと
add 浜松市天竜区水窪町地頭方389
tel & fax 053-987-0411
website http://www.at-s.com/bin/guru/GURU0040.asp?yid=D624878086
※完全予約制 雑穀コース2000円より


水窪は山間の傾斜地なので水田が作れなかったため昔から雑穀栽培が盛んであったと。
今ではちょっとしたブームの雑穀食だけど、おっかさんに言わせればそれは戦時中の食べ物だったんだよー(笑)・・・っと。雑穀で有名な大谷ゆみこさん の料理レシピを見ると昔は当たり前に食べていたものばかりだと。雑穀が常に生活の中にあったんですね。ちなみに大谷さんとは10年ほど前から交流がありいしもとさんはお母さんと呼ばれているそうな。さすがっ、雑穀の母!

雑穀は毎日のごはんにちょっと足して炊くだけで栄養価がアップする優れもの。
私はいつも玄米にもちきびを入れてます。もちきびは食物繊維やカルシウムも豊富なんだよぉ。
22:56 | 浜松生活| トラックバック:0 | コメント:8


コメント
ふむ…また名前がないでふね。だれかぇ~?まっいいけど。
ぜひおっかさんに会っておいしい雑穀料理を堪能してくださーい!

ごかちゃん
そーだ、雑穀栽培してるもんね。カレーよりも雑穀なぁ…私がいる間に気が向いたらいらっしゃい!たらふくごちそうするよ。
今度身延のあの方の雑穀料理を食べにいこうよ!
    2008/06/03(火) 22:33:18 | URL | さにー #-[ 編集]
カレー食べたい!雑穀よりも・・・にゃんてね。いつも、ないものねだり・・・本当にまた、行きますよーーー!!!!って、いつになることやら・・・
    2008/06/03(火) 18:45:29 | URL | go-ka goka #-[ 編集]
うわ!
おいしそう!!行きたい!
最近はただのブームが多いのが気になりますよね・・・。
私も昔ながらの食の素晴らしさを伝えていきたいなぁ。
まずはおっかさんに会いに行ってこようかな♪
    2008/06/03(火) 09:16:48 | URL | #-[ 編集]
若さん
そうですねー、雑穀を日常の食事に復活させることで昔の食事がなぜよかったのか食べることから感じることって大切ですね。
大分の九重で有機農家さんがされてる農家民泊「おわて」での食事もおすすめですよー!

聡子さん
飯田から山を越えればすぐだと思います。ぜひ行ってみてください。
雑穀の母いしもとさんも都会の雑穀ブームはなんだかちょっと違うような…ってことをおっしゃってました。やはり農家さんで雑穀を育て普段の生活の中で食したり利用したりしてると、ひとつひとつ理論立てなくても体で感じて理解してるんだなーって思いました。
SUNNYDAYさん
へーっ、やはり九州にも達人がいらっしゃいますね!帰ったらぜひ尋ねてみたいな。
ヒエがそんなに保存できるなんてすごいです。やっぱ雑穀栽培チャレンジかなー。

te-teさん
お茶の栽培ですかー、te-teさんも幅広くいろいろご存じなんですねー、すごい。よくあそこまで通ってましたねー。
確かに水窪の雑穀はブームじゃなく文化になってますよね。
    2008/06/02(月) 23:31:19 | URL | さにー #-[ 編集]
水窪
このお店、知りませんでした。
水窪は、1昨年まで10年ほどお茶の栽培に通っていました。
あそこは独特の文化がありますね。
雑穀ブームよりもずっと足が地に着いた感じです。
    2008/06/02(月) 17:51:45 | URL | te-te #-[ 編集]
椎葉クニ子さんは、焼畑で育てるそば、雑穀、豆など種を守るためずっと焼畑農業を続けてきたそうです。ヒエは50~60年保存できる非常食と言ってました。食糧難がいつ起こってもおかしくないので主食を見直す雑穀ブームは喜ばしいことですね。
    2008/06/02(月) 10:51:09 | URL | sunnyday #bMjCytK2[ 編集]
行ってみたいですぅ。
ステキなお食事、おっかさん。

昔は当たり前だったものが、今は、ブームのようにもてはやされる。

どこかおかしくなってきているからでしょうか。

あ~、それにしても、おいしそう~(⌒o⌒)
    2008/06/02(月) 07:56:58 | URL | 聡子 #-[ 編集]
もう、こういうお店でしか食べることができない昔の味というのがあるのでしょうね。




    2008/06/02(月) 00:47:25 | URL | 若 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sunshinefarm.blog33.fc2.com/tb.php/301-f27a0df6

Copyright © 2017 サンシャインファームの風, All rights reserved.
[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
ブログ新しくします。
ただいまです。
Amma - the Hugging Mother
My Goddess in Calicut
ITALY in INDIA

[ ARCHIVES ]
2011年03月[2]
2011年02月[5]
2011年01月[9]
2010年12月[16]
2010年11月[13]
2010年10月[14]
2010年09月[7]
2010年08月[6]
2010年07月[16]
2010年06月[9]
2010年05月[10]
2010年04月[14]
2010年03月[18]
2010年02月[14]
2010年01月[11]
2009年12月[9]
2009年11月[7]
2009年10月[9]
2009年09月[7]
2009年08月[9]
2009年07月[13]
2009年06月[10]
2009年05月[11]
2009年04月[14]
2009年03月[14]
2009年02月[16]
2009年01月[8]
2008年12月[7]
2008年11月[12]
2008年10月[12]
2008年09月[9]
2008年08月[9]
2008年07月[10]
2008年06月[9]
2008年05月[9]
2008年04月[10]
2008年03月[10]
2008年02月[9]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[6]
2007年10月[7]
2007年09月[10]
2007年08月[7]
2007年07月[10]
2007年06月[10]
2007年05月[9]
2007年04月[11]
2007年03月[8]
2007年02月[14]
2007年01月[14]
2006年12月[19]
2006年11月[15]
2006年10月[18]
2006年09月[12]
2006年08月[12]
2006年07月[7]
2006年06月[10]
2006年05月[12]
2006年04月[1]
2006年03月[7]
2006年02月[7]
2006年01月[3]
2005年12月[9]
2005年11月[12]

[ PROFILE ]

NAME : さにー
九州・大分出身

2009年の春から長野・安曇野へ。
薪の石窯でパンとピザを焼いています。


I love you.
I'm sorry.
Please forgive me.
Thank you.
(Ihaleakala Hew Len)


May all beings be happy, be peaceful, be liberated!
(S.N.Goenka)

[ COMMENTS ]
さにー[03.08]
ふくふく[03.08]
さにー[03.05]
アンネリダ[03.05]
ショウ[02.02]
kazumi[02.01]
ひつじや[01.23]
さにー[01.17]
てるちゃん[01.17]
さにー[01.16]

[ TRACKBACKS ]
訪問された方々・その7[10.31]

[ LINKS ]
Simply Natural Organic Farm, Australia
無農薬・無科学肥料のたねの店 たねの森
パーマカルチャーネットワーク九州
TAO徒然日記
Captain's Log
せど日記
Life in Rural Japan
ユーラシア大陸14度の旅
AJISAIオフィシャルHP
ねこむさんのぼらぼらな日常
ツキコの鞄
くにさき六郷自然菜園
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会
堀田貴子 レシピな日々
つむじやのlight HAUS
竹にふれよう 案内処 野や
熊本・水俣の竹細工職人
めんちくのケーナ工房
天然酵母パン キッチンうすだ
長野・安曇野シャロムヒュッテ
SOS 〔spiritual・organic・soul〕 by yoyo
go-ka ゴカなスローライフ
ユキリンゴイロ
安曇野ひつじ屋
アトリエ扉
安曇野 おぐらやま農場
ハッピーに生きよう!!
おぐらやま農場ハッピーライフ
安曇野地球宿
安曇野おそばのふじもり
どあい冒険くらぶ
やよいの厨房日記
安曇野のバジルクラブ
Spice Cafe Bija
「週刊てーて」ひらく農園から+α
焼き菓子&マーマレード 杜屋
幼児の自然保育サークル「まめっちょ」
くつろぎのアーユルヴェーダ時間
avaniの日々
Angelic Smile
日々の暮らしは楽園づくり
霧の中から

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。