サンシャインファームの風
 うれしい、たのしい、しあわせ・・・ついてる日々に愛がとう♪

Category..|最新の記事浜松 さにーファームサンシャインファームおぐらやまハッピーライフ日記WWOOF体験記南インド旅行 South India 2006トラベルイベント・ワークショップ石垣島 info山登りの記録とりよせしよう!浜松 spice cafe Bija浜松生活自然保育・まめっちょ木の花ファミリー安曇野ライフ安曇野地球宿穂高養生園Shalom Hutte 2006Shalom Hutte 2008Shalom Hutte 2009パンの日々Shalom Hutte 2010Shalom ピザ焼き体験タイの旅 Thailand 2010ワンデイカフェ「アズーロ」
RSS + ADMIN + HELP
 ◆ スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 「いのちの食べかた」を見て
2008/04/04(金)
いのちの食べかた1

この映画を見ながらまず思ったのは「人ってここまでやってしまうのか・・・」という驚きだったかな。これまで話に聞いたり本で読んだりしてある程度食料生産の現場ってのは知ってはいたけれど、映像でみるとかなりショッキング・・・。


いのちの食べかた3


日常の食卓にのぼる肉、魚、野菜や果物などの食べ物、どのように生産されているのかはたぶんほとんどの人が目を向けていないのが実状だろう。特に日本は食料の約6割を外国から輸入しているから遠く離れたその現場を想像することすら難しいかもしれない。

だからこの映画をみてほしいと思う。

いのちの食べかた2


「食べ物=いのち」が工業化され大量生産されている現場では「いのち」というより「モノ」を扱っているといったほうがいいかな。動物も野菜も果物も人の手で育てるというより機械が管理し育てている。そこに「いのち」は寸分も感じられない。

「いただきます」っていう言葉は「いのちをいただきます」という意味も込められている。
人の手で丁寧に愛情をこめて育てられた食べ物には「いのち」が宿っている。

本当に「いただきます」っていえる食事を日々心がけたいと思った。

「いのちの食べかた」HP
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

「いのちの食べかた」予告編 by youtube
http://www.youtube.com/watch?v=jY5hkiE51ac&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=763438914&owner_id=12309857

浜松じゃ上映が終わってしまったけど、大分ではシネマ5で4月26日からあるで!
23:32 | イベント・ワークショップ| トラックバック:0 | コメント:7


コメント
さとみさん
そうだねー、わたしも昔は食卓にのぼるもの全て何気に食べてましたね。「いただきます」の意味すら考えず、ただ「食べます」の合図のような・・・。
賛否両論いろいろあると思いますが、ぜひぜひいろんな方に観てもらいたい映画ですねー。
    2008/04/11(金) 14:54:44 | URL | さにー #-[ 編集]
観に行きます!
こっちを見ている豚に、心が締め付けられる・・。私は何年もお肉を食べていないけど、昔は何も考えず平気で食べていた。一人でも多くの人にこの映画を観てもらえますように。さにーちゃん映画の存在を教えてくれてありがとう。
    2008/04/10(木) 23:04:52 | URL | さとみ #-[ 編集]
ゆりかさん
幼いころにそういう経験があるって貴重だねー。わたしはおととしかな、お米の合鴨栽培でお役目がおわった合鴨たちの解体を手伝ったんだけど、やはり命の終わりを見届けるのはちょっぴりせつなくなったね。

動物にしろ植物にしろ自分の手で下せる範囲のものは食べてもいいかなと思ってます。もちろんそのいのちに感謝しながらですよね!
何がどこでどうやって作られているか、消費者ももっと知っておくといいですね。
    2008/04/10(木) 01:28:31 | URL | さにー #-[ 編集]
ホント悲しくなりました。
だけどそんな自分も消費者の一人なのか・・・と。
家でそんな話をしたら親はやっぱり知っていて「100%なんて無理よ」って言われちゃった。
父親が昔から猟友会に入っていたこともあり
鴨の解体や猪の解体、小さい頃に見たあの光景は忘れないけど自分では出来ない。
解体が終わった部屋のあの生暖かい嫌な感じはなんとも言えないし一生忘れられない。
父親が一番「いただきます」って気持ちが分かってるんだろうなって思った。
私は分かってるようで分かってなかったんだねぇ。
生産者だけでなく消費者も出来る事を☆
    2008/04/09(水) 16:16:29 | URL | ゆりか #-[ 編集]
聡子さん
すごいですねー、ほとんど自給をされてるようでうらやましくもあります。
動物も植物も人間と同様にいのちがあり、愛情が伝わるものだと思います。
聡子さんの農場で育てられる豚さん、ほんとに幸せだったんでしょうね。
いのちを全うせずに不安な中で死を迎える動物の肉は悲しいエネルギーを宿してるっていいますもんね。

全てに感謝ですね!

けいぴんさん
そうですかー、リーフレットごらんになってますか。「いのちを耕す人々」もみたいですねー。何年か前にコンパルホールで上映されてましたね。シネマ5もやりますね!

毎日食べられることへの感謝を忘れずにですね。

うわさのインドカレー、大分へ帰ったらぜひ食べにいきたいなー!
    2008/04/06(日) 23:50:03 | URL | さにー #-[ 編集]
いのちの食べかた リーフレット来ています。 ヴィラ内のインドカレーのご主人がシネマ5の方とお知り合いでそのほかにいのち耕す人々とかも持ってきてくれました。
シネマ5いい映画を上映されているようですね。
時間が取れれば是非いのちの食べかた見に行きたいです。
忘れてしまいがちですが、出来るだけ感謝の気持ちを忘れずに食べようと心がけてはいます。
やはり、あなたの命をいただきますですよね
    2008/04/06(日) 19:33:23 | URL | けいぴん #-[ 編集]
うちも農家。
子豚出荷ですが、自家用は、ココで大きくして、精肉場へ。
可愛がって育てますから、ストレスが無い様で、屠場へいっても、素直に入っていくので、関係者の方からも褒めて頂きます。
その生でしょうね、肉の味は、とてもいいです。

野菜、果物も自家用は、ある程度作っているので、命を感じながら食しているつもりですが、たくさん取れすぎるときは、粗末にしたり、活かしきれ無かったりとします。

命の食し方。
野菜でもなんでも、「いのち」を頂いているということを意識して、日々生きていきたいですね。

感謝
全てのこと、物、人に感謝ですね。
    2008/04/06(日) 15:35:58 | URL | 聡子 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sunshinefarm.blog33.fc2.com/tb.php/283-927c7492

Copyright © 2017 サンシャインファームの風, All rights reserved.
[ CALENDER ]
10 « 2017/11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ ENTRIES ]
ブログ新しくします。
ただいまです。
Amma - the Hugging Mother
My Goddess in Calicut
ITALY in INDIA

[ ARCHIVES ]
2011年03月[2]
2011年02月[5]
2011年01月[9]
2010年12月[16]
2010年11月[13]
2010年10月[14]
2010年09月[7]
2010年08月[6]
2010年07月[16]
2010年06月[9]
2010年05月[10]
2010年04月[14]
2010年03月[18]
2010年02月[14]
2010年01月[11]
2009年12月[9]
2009年11月[7]
2009年10月[9]
2009年09月[7]
2009年08月[9]
2009年07月[13]
2009年06月[10]
2009年05月[11]
2009年04月[14]
2009年03月[14]
2009年02月[16]
2009年01月[8]
2008年12月[7]
2008年11月[12]
2008年10月[12]
2008年09月[9]
2008年08月[9]
2008年07月[10]
2008年06月[9]
2008年05月[9]
2008年04月[10]
2008年03月[10]
2008年02月[9]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[6]
2007年10月[7]
2007年09月[10]
2007年08月[7]
2007年07月[10]
2007年06月[10]
2007年05月[9]
2007年04月[11]
2007年03月[8]
2007年02月[14]
2007年01月[14]
2006年12月[19]
2006年11月[15]
2006年10月[18]
2006年09月[12]
2006年08月[12]
2006年07月[7]
2006年06月[10]
2006年05月[12]
2006年04月[1]
2006年03月[7]
2006年02月[7]
2006年01月[3]
2005年12月[9]
2005年11月[12]

[ PROFILE ]

NAME : さにー
九州・大分出身

2009年の春から長野・安曇野へ。
薪の石窯でパンとピザを焼いています。


I love you.
I'm sorry.
Please forgive me.
Thank you.
(Ihaleakala Hew Len)


May all beings be happy, be peaceful, be liberated!
(S.N.Goenka)

[ COMMENTS ]
さにー[03.08]
ふくふく[03.08]
さにー[03.05]
アンネリダ[03.05]
ショウ[02.02]
kazumi[02.01]
ひつじや[01.23]
さにー[01.17]
てるちゃん[01.17]
さにー[01.16]

[ TRACKBACKS ]
訪問された方々・その7[10.31]

[ LINKS ]
Simply Natural Organic Farm, Australia
無農薬・無科学肥料のたねの店 たねの森
パーマカルチャーネットワーク九州
TAO徒然日記
Captain's Log
せど日記
Life in Rural Japan
ユーラシア大陸14度の旅
AJISAIオフィシャルHP
ねこむさんのぼらぼらな日常
ツキコの鞄
くにさき六郷自然菜園
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会
堀田貴子 レシピな日々
つむじやのlight HAUS
竹にふれよう 案内処 野や
熊本・水俣の竹細工職人
めんちくのケーナ工房
天然酵母パン キッチンうすだ
長野・安曇野シャロムヒュッテ
SOS 〔spiritual・organic・soul〕 by yoyo
go-ka ゴカなスローライフ
ユキリンゴイロ
安曇野ひつじ屋
アトリエ扉
安曇野 おぐらやま農場
ハッピーに生きよう!!
おぐらやま農場ハッピーライフ
安曇野地球宿
安曇野おそばのふじもり
どあい冒険くらぶ
やよいの厨房日記
安曇野のバジルクラブ
Spice Cafe Bija
「週刊てーて」ひらく農園から+α
焼き菓子&マーマレード 杜屋
幼児の自然保育サークル「まめっちょ」
くつろぎのアーユルヴェーダ時間
avaniの日々
Angelic Smile
日々の暮らしは楽園づくり
霧の中から

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。