サンシャインファームの風
 うれしい、たのしい、しあわせ・・・ついてる日々に愛がとう♪

Category..|最新の記事浜松 さにーファームサンシャインファームおぐらやまハッピーライフ日記WWOOF体験記南インド旅行 South India 2006トラベルイベント・ワークショップ石垣島 info山登りの記録とりよせしよう!浜松 spice cafe Bija浜松生活自然保育・まめっちょ木の花ファミリー安曇野ライフ安曇野地球宿穂高養生園Shalom Hutte 2006Shalom Hutte 2008Shalom Hutte 2009パンの日々Shalom Hutte 2010Shalom ピザ焼き体験タイの旅 Thailand 2010ワンデイカフェ「アズーロ」
RSS + ADMIN + HELP
 ◆ スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 竹細工職人を訪ねて
2007/01/31(水)
別府で竹細工を習得中のUさんのお誘いで熊本・天草と水俣へ竹細工職人を訪ねる旅へ。

20070131154105.jpg


竹細工にほとんど知識のない私ですが、師匠たちのみごとな手さばき、そして出来上がった製品の丁寧な細工に思わずうなってしまう。
熟練した腕と勘だけが創り出す繊細なアートだ。


20070202090547.jpg

天草の窪地さんは8代目、20数件あった竹細工集落最後の職人さん。

20070131154208.jpg

工房には無造作に製品が置かれているが、ひとつひとつが生きた作品。
丈夫にしっかり、数世代が使える本物ばかり。

20070131154146.jpg

手前はご飯じょけ。蓋を作ることができたら一人前の職人だとか。

20070131154224.jpg

これは浜辺でわかめなどを収穫するときに使う籠。
縁が内側に太くもちやすく工夫されている。

20070131154240.jpg

水俣・湯の鶴に工房を持つ柏木さん、80歳になるいまも現役の竹細工職人さん。
見せていただいているのは醤油をこす特注の製品。

20070131154258.jpg

仕上げの縁巻きでそのもののよしあしが決まるという。

20070131154314.jpg


20070131154326.jpg

竹ひご一本いっぽんに使い手への思いやりが込められていく。


かつて竹は日本人の生活には日常のものであった。
ざるやかご、ふるいや濾し器、海や川へいけば魚籠や竿、また住まいの天井や壁、縁側など思えばいろんなところに竹が使われていた。

戦後の高度経済成長の中、そのほとんどが安価な中国製品、プラスチック製品、化学製品などに取って代わり、本物をつくる職人の数は減り、そして何百年も受け継がれてきた技術が絶えていく現代。

どんなに世界中のネットワークが充実しても、機械やパソコンでは伝えられないこのような人から人への技術の伝達は、これからのサステイナブルな暮らしにも不可欠なことだと思う。

昔のよさを見直すことで現代に生かしていけたら、もっとすばらしい世の中になるだろうなぁ・・・。

それにしても、窪地さんも柏木さんもとても穏やかでいいお顔をされてます。
長年自然と共に歩まれてきた厳しさや辛さを越えてきた余裕というか、ホントに神様のようでしたよ。


15:51 | トラベル| トラックバック:0 | コメント:7


コメント
べりーずさん
さっすがですねー、家具も手仕事ですか!
ハンディーなひとって憧れますねー。日曜大工をチャッチャッとできるひとは即ほれちゃいます♪

mouse
そうだねー、どれだけ時間と手間をかけてるか、そのものを手にして目の前でみるとすごい鳥肌がたちますよー。
本物だけが持つタマシイが伝わる感じです。


    2007/02/01(木) 17:20:38 | URL | さにー #-[ 編集]
美しい
こういう手作り行程を見せていただくと、さらにありがたみが沸くよね。美しいわ。竹細工大好き。こっちでも竹っぽいもの結構出てるけど、なんかねぇ、うそっぽさに安ぽさが加わって味気ない。本物を手に入れるチャンスがあったらぜひ、調達したいです。いつまでも引き継がれますように。
    2007/02/01(木) 13:48:10 | URL | mouse #-[ 編集]
素敵ですね!
凄いです。
こんなの目の前で見られるなんて…
さにーさん幸せですね!!!
我が家も、天然素材が大好きなので観葉植物用の籠など自然の物にこだわってます。
家具も少しづつですが、
悪戦苦闘しながら木から作っています。
自分達で作るので少々不恰好ですが
味があって良いかななんて思っています。
伝統は、受け継いで行ってもらいたいですよね(#^.^#)
    2007/02/01(木) 12:13:47 | URL | べりーず #-[ 編集]
gokaちゃん
ほーんと、すごいっすよ。神業ですよー!!

ひでさん
かっこいいですよねー、職人さんというより芸術家です。
人のこころが伝わる、そして伝える仕事をするってすばらしいですね。

水俣のカゴ屋さん
先日は本当にありがとうございました。
柏木さんも窪地さんもほんとにスゴイの一言です。
お二人とも日本の財産、世界の財産です。
このすばらしい竹文化を受け継ぐ水俣のカゴ屋さんもスゴイです!
    2007/02/01(木) 09:16:57 | URL | さにー #-[ 編集]
先日はどうもお疲れさまでした。
窪地さんは、久しぶりに写真でお顔を拝見しましたが、まだとても元気にカゴを編まれていらっしゃるのですね。

でも柏木さんも窪地さんも、ほんとにすごかったでしょー。かつてカゴが暮らしに欠かせなかった時代を生き抜いてきた、こんなすごい職人さん達は、もうこの日本には現れないと思いますよ。
    2007/01/31(水) 22:51:18 | URL | 水俣のカゴ屋 #/p1nTf8Q[ 編集]
うわーっ、かっこええーなー!

僕もこの前長野の職人をたずねる番組を見てたら竹細工職人さんがでてはりました。

本当職人の技は人から人へですね。
どんなに丁寧なレシピがあったとしても伝わらへんよなー。 

その職人の心を伝えていくようなことやもんね。

    2007/01/31(水) 22:10:22 | URL | ひでみつ #-[ 編集]
すごいっすね・・・
    2007/01/31(水) 21:46:08 | URL | go-ka goka #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sunshinefarm.blog33.fc2.com/tb.php/158-4b1b90c8

Copyright © 2017 サンシャインファームの風, All rights reserved.
[ CALENDER ]
10 « 2017/11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ ENTRIES ]
ブログ新しくします。
ただいまです。
Amma - the Hugging Mother
My Goddess in Calicut
ITALY in INDIA

[ ARCHIVES ]
2011年03月[2]
2011年02月[5]
2011年01月[9]
2010年12月[16]
2010年11月[13]
2010年10月[14]
2010年09月[7]
2010年08月[6]
2010年07月[16]
2010年06月[9]
2010年05月[10]
2010年04月[14]
2010年03月[18]
2010年02月[14]
2010年01月[11]
2009年12月[9]
2009年11月[7]
2009年10月[9]
2009年09月[7]
2009年08月[9]
2009年07月[13]
2009年06月[10]
2009年05月[11]
2009年04月[14]
2009年03月[14]
2009年02月[16]
2009年01月[8]
2008年12月[7]
2008年11月[12]
2008年10月[12]
2008年09月[9]
2008年08月[9]
2008年07月[10]
2008年06月[9]
2008年05月[9]
2008年04月[10]
2008年03月[10]
2008年02月[9]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[6]
2007年10月[7]
2007年09月[10]
2007年08月[7]
2007年07月[10]
2007年06月[10]
2007年05月[9]
2007年04月[11]
2007年03月[8]
2007年02月[14]
2007年01月[14]
2006年12月[19]
2006年11月[15]
2006年10月[18]
2006年09月[12]
2006年08月[12]
2006年07月[7]
2006年06月[10]
2006年05月[12]
2006年04月[1]
2006年03月[7]
2006年02月[7]
2006年01月[3]
2005年12月[9]
2005年11月[12]

[ PROFILE ]

NAME : さにー
九州・大分出身

2009年の春から長野・安曇野へ。
薪の石窯でパンとピザを焼いています。


I love you.
I'm sorry.
Please forgive me.
Thank you.
(Ihaleakala Hew Len)


May all beings be happy, be peaceful, be liberated!
(S.N.Goenka)

[ COMMENTS ]
さにー[03.08]
ふくふく[03.08]
さにー[03.05]
アンネリダ[03.05]
ショウ[02.02]
kazumi[02.01]
ひつじや[01.23]
さにー[01.17]
てるちゃん[01.17]
さにー[01.16]

[ TRACKBACKS ]
訪問された方々・その7[10.31]

[ LINKS ]
Simply Natural Organic Farm, Australia
無農薬・無科学肥料のたねの店 たねの森
パーマカルチャーネットワーク九州
TAO徒然日記
Captain's Log
せど日記
Life in Rural Japan
ユーラシア大陸14度の旅
AJISAIオフィシャルHP
ねこむさんのぼらぼらな日常
ツキコの鞄
くにさき六郷自然菜園
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会
堀田貴子 レシピな日々
つむじやのlight HAUS
竹にふれよう 案内処 野や
熊本・水俣の竹細工職人
めんちくのケーナ工房
天然酵母パン キッチンうすだ
長野・安曇野シャロムヒュッテ
SOS 〔spiritual・organic・soul〕 by yoyo
go-ka ゴカなスローライフ
ユキリンゴイロ
安曇野ひつじ屋
アトリエ扉
安曇野 おぐらやま農場
ハッピーに生きよう!!
おぐらやま農場ハッピーライフ
安曇野地球宿
安曇野おそばのふじもり
どあい冒険くらぶ
やよいの厨房日記
安曇野のバジルクラブ
Spice Cafe Bija
「週刊てーて」ひらく農園から+α
焼き菓子&マーマレード 杜屋
幼児の自然保育サークル「まめっちょ」
くつろぎのアーユルヴェーダ時間
avaniの日々
Angelic Smile
日々の暮らしは楽園づくり
霧の中から

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。