サンシャインファームの風
 うれしい、たのしい、しあわせ・・・ついてる日々に愛がとう♪

Category..|最新の記事浜松 さにーファームサンシャインファームおぐらやまハッピーライフ日記WWOOF体験記南インド旅行 South India 2006トラベルイベント・ワークショップ石垣島 info山登りの記録とりよせしよう!浜松 spice cafe Bija浜松生活自然保育・まめっちょ木の花ファミリー安曇野ライフ安曇野地球宿穂高養生園Shalom Hutte 2006Shalom Hutte 2008Shalom Hutte 2009パンの日々Shalom Hutte 2010Shalom ピザ焼き体験タイの旅 Thailand 2010ワンデイカフェ「アズーロ」
RSS + ADMIN + HELP
 ◆ スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 春の声
2006/02/24(金)
ume


今年も例年どおり2月の中旬から「ホーホケキョ♪」。姿こそ見えないけれど、この声を聞くと春はすぐそことワクワクする。しばらくぶりに畑に入ると、もう春が始まっていたぁ!秋に植えたチューリップや水仙、冬を越したハーブ、よもぎ、みつば、菜の花など、いろいろな新芽があちこちで・・・。九州は恵まれてるってつくづく思う。冬らしい冬ってほんの数ヶ月だもん。ありがたいことです。

cabbage 2


rape flower


スポンサーサイト
14:03 | サンシャインファーム| トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ ペットボトル入り飲料水は安くない?!
2006/02/22(水)
pet bottle


ワールドウォッチジャパンのメルマガにペットボトル入り飲料水に関する興味深いレポートがあった!

・ 2004年、世界全体のボトル飲料水の消費量は5年前の980億リットルから57%増加し1540億リットルに達した。
・ 世界では毎年約270万トンのプラスチックが飲料用のボトルに使用されている。
・ ボトル入り飲料水の長距離輸送には大量の化石燃料の燃焼を伴う。
・ ボトル入り飲料水の約4分の1は消費者に届くまでに国境を越え、船や列車トラックで輸送されている。
・ アメリカ人が年間に消費するペットボトル飲料水のボトルの生産に使われる石油の量は、アメリカ車約10万台の1年間の燃料に匹敵する。
・ アメリカで使用された飲料水のペットボトルの86%はごみやくずになっている。
・ 埋め立て処理されたペットボトルが生物分解されるには1000年もかかる。
・ インドでは飲料用の水の採取によって50以上の村が水不足となり、またテキサス州や北アメリカの五大湖地域の地下水位が急速に低下し、集中的な取水の被害を受けている。
・ ボトル入り飲料水が水道水より健康によいとは全く保証されていない。
・ フランス議会では飲料水に付け加えられたミネラルは少量なら有益だが、多量の場合、有害の可能性があるという理由でボトル入りミネラルウォーターを飲む人々に対して頻繁に種類を変えるよう忠告している。

日本のリサーチはどうなんだろう。
ちなみに、某NPOでは空いたペットボトルを多数抱え、大田村にある清水寺まで飲料水を汲みに行く・・・。

12:45 | 日記| トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ 行ってみたいお店
2006/02/16(木)
kirei


何年か前に古本屋で見つけたお気に入りのレシピブック「からだキレイごはん」。この本は東京にあるキヨズ・キッチンというレストランのオーナーがカラダのこと考えて作ったレシピ。その本の中には、「ちょっと想像してみる。食べたものって、消化されて血液にのってカラダに吸収される。カタチを変えて、やがては“私”になっていくのです。だから、もっとしっかり考えたい。素材のこと、そして栄養バランスのこと。」と書いてある。そして、キヨズ・キッチンのおいしいレシピは5種類の食材を意識すれば、カラダはもっとキレイに元気になれると・・・。なかなか奥深いレシピブックなのである。私の好きなレシピは「豆腐のドライカレー」、豆腐だからたくさん食べてももたれない。
オーナーのモットーは「自分の家族や大切な友人に食べさせられないものは、お客様にも出さない」。東京に行ったら是非行ってみたいお店だ。アンド、大分にもこんなお店がほしいなぁ・・・。

キヨズ・キッチン http://www.kiyos.jp
09:34 | | トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ 着々と広まりつつある・・・
2006/02/09(木)
veg gdn 10


肌寒さで目覚めたホームステイ初日の朝。震えながら起き上がり部屋の窓から外を見た。そこには赤茶色の土と緑のコントラストがとても美しい農園が広がり、しばらくじっと眺めていた。

続きを読む »
12:10 | 南インド旅行 South India 2006| トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ インドの子どもたち
2006/02/06(月)
kid 1


日本ではまず見ることがない子供たちの就労。サリーで有名な村では細かい手仕事ができる子どもを家計のためと働かせているところもあるとか。道端でお金になりそうなくずを拾い集める子どもたち。観光地で物売りをする子どもたち。泣きそうな顔で行きかう人々に物乞いをする子どもたち。テレビや雑誌では見ていた現状、だけど目の当たりにしたこのショックの大きさは想像を絶するものだった…。
続きを読む »
15:02 | 南インド旅行 South India 2006| トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ 南インドの食事
2006/02/04(土)
curry leaf


インド料理の辛さは、腸の弱い私には敏感に作用する。レストランの食事は辛さと甘さが極端で毎日食べていたらきっと私のおなかは爆発していただろう。

続きを読む »
20:57 | 南インド旅行 South India 2006| トラックバック:0 | コメント:6
 ◆ 南インドの人々
2006/02/02(木)
ただいまぁ♪インドの旅を無事に終え、31日に大分へ戻ってきました。久々に旅らしい旅ができて大満足!現地でいろいろとお世話になったみなさま、そして今回の旅をアレンジしてくれたTさんに大感謝。しばらくこのインド旅行のお話(人々、料理、子どもの教育など)を連載したいと思います。

1 lotus



続きを読む »
19:06 | 南インド旅行 South India 2006| トラックバック:0 | コメント:11

Copyright © 2006 サンシャインファームの風, All rights reserved.
[ CALENDER ]
01 « 2006/02 » 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

[ ENTRIES ]
ブログ新しくします。
ただいまです。
Amma - the Hugging Mother
My Goddess in Calicut
ITALY in INDIA

[ ARCHIVES ]
2011年03月[2]
2011年02月[5]
2011年01月[9]
2010年12月[16]
2010年11月[13]
2010年10月[14]
2010年09月[7]
2010年08月[6]
2010年07月[16]
2010年06月[9]
2010年05月[10]
2010年04月[14]
2010年03月[18]
2010年02月[14]
2010年01月[11]
2009年12月[9]
2009年11月[7]
2009年10月[9]
2009年09月[7]
2009年08月[9]
2009年07月[13]
2009年06月[10]
2009年05月[11]
2009年04月[14]
2009年03月[14]
2009年02月[16]
2009年01月[8]
2008年12月[7]
2008年11月[12]
2008年10月[12]
2008年09月[9]
2008年08月[9]
2008年07月[10]
2008年06月[9]
2008年05月[9]
2008年04月[10]
2008年03月[10]
2008年02月[9]
2008年01月[7]
2007年12月[4]
2007年11月[6]
2007年10月[7]
2007年09月[10]
2007年08月[7]
2007年07月[10]
2007年06月[10]
2007年05月[9]
2007年04月[11]
2007年03月[8]
2007年02月[14]
2007年01月[14]
2006年12月[19]
2006年11月[15]
2006年10月[18]
2006年09月[12]
2006年08月[12]
2006年07月[7]
2006年06月[10]
2006年05月[12]
2006年04月[1]
2006年03月[7]
2006年02月[7]
2006年01月[3]
2005年12月[9]
2005年11月[12]

[ PROFILE ]

NAME : さにー
九州・大分出身

2009年の春から長野・安曇野へ。
薪の石窯でパンとピザを焼いています。


I love you.
I'm sorry.
Please forgive me.
Thank you.
(Ihaleakala Hew Len)


May all beings be happy, be peaceful, be liberated!
(S.N.Goenka)

[ COMMENTS ]
さにー[03.08]
ふくふく[03.08]
さにー[03.05]
アンネリダ[03.05]
ショウ[02.02]
kazumi[02.01]
ひつじや[01.23]
さにー[01.17]
てるちゃん[01.17]
さにー[01.16]

[ TRACKBACKS ]
訪問された方々・その7[10.31]

[ LINKS ]
Simply Natural Organic Farm, Australia
無農薬・無科学肥料のたねの店 たねの森
パーマカルチャーネットワーク九州
TAO徒然日記
Captain's Log
せど日記
Life in Rural Japan
ユーラシア大陸14度の旅
AJISAIオフィシャルHP
ねこむさんのぼらぼらな日常
ツキコの鞄
くにさき六郷自然菜園
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会
堀田貴子 レシピな日々
つむじやのlight HAUS
竹にふれよう 案内処 野や
熊本・水俣の竹細工職人
めんちくのケーナ工房
天然酵母パン キッチンうすだ
長野・安曇野シャロムヒュッテ
SOS 〔spiritual・organic・soul〕 by yoyo
go-ka ゴカなスローライフ
ユキリンゴイロ
安曇野ひつじ屋
アトリエ扉
安曇野 おぐらやま農場
ハッピーに生きよう!!
おぐらやま農場ハッピーライフ
安曇野地球宿
安曇野おそばのふじもり
どあい冒険くらぶ
やよいの厨房日記
安曇野のバジルクラブ
Spice Cafe Bija
「週刊てーて」ひらく農園から+α
焼き菓子&マーマレード 杜屋
幼児の自然保育サークル「まめっちょ」
くつろぎのアーユルヴェーダ時間
avaniの日々
Angelic Smile
日々の暮らしは楽園づくり
霧の中から

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。